令和2年度 活動報告

アスファルト舗装現場実習

 図1令和2年10月13日(火)熊本工業高校敷地内において、熊本工業土木科の1・2年生を対象とした当協会主催による『アスファルト舗装現場実習』を実施しました。
 熊本工業高校は、文部科学省が認定する「平成30年度スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」の認定を受けており、発災後のインフラ復旧に関して、ハード面・ソフト面の両面から必要な技術・知識を習得した人材の育成を目指しています。その一環として、今年は「産学官協同により災害対応型エンジニアを育成する」をテーマに、代表的なアスファルト舗装工法、景観性を求められる場所に実施されるカラー塗布舗装、段差補修・摺付補修工法(ロメンパッチ)等を体験してもらいました。

 指導係の担当委員が、体験する作業内容や実際に機械に乗車し操作してもらうことを説明すると、生徒さん達から「お~!」「やったー!」という歓声があがりました。
  ※今回の現場実習に先立ち「舗装工事のインフラ整備」をテーマに、7月下旬に座学も実施しております。

DSCN0377DSCN0330

DSCN0334DSCN0361

 

DSCN0370DSCN0382

 

 

 

 

 

 

昨年に引き続き、今年もまたSPHの取り組みに道路舗装協会として貢献できたことを嬉しく思います。
また、今回、熊本工業高校より感謝状をいただきました。
未来を担う高校生たちが「熊本の未来は自分たちの手で…」そんな熱い気持ちで、舗装業界への道を選択肢のひとつとして考えてもらえるきっかけになれば嬉しいです。

 

熊本県との意見交換会

9月28日(月) 熊本県土木部、農林水産部と意見交換会を行いました。

 

社会貢献活動
(一社)熊本県道路舗装協会では、労務対策委員・理事が中心となり、清掃ボランティア等の社会貢献活動を各地区で毎年実施しています。
今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止にも留意しながらの活動となっております。

・6月13日(土)八代地区会員 5社 20名 ダンプトラック4台・スイーパー1台 歩道清掃・車道部のL型部や側溝部の土砂撤去・塵芥処理

・6月20日(土)熊本市地区会員 16社 32名 3tトラック1台 歩道・植樹帯・自転車通行帯・路側帯等の清掃活動

・8月6日(木)熊本県建設業協会青年部主催の献血活動に当協会も協力
九機工業㈱・㈲源工業・坂田道路㈱・㈲田建設工業・肥後技研㈱・松隆建設㈱・吉坂建設㈱

・8月12日(水)、8月18日(火)玉名地区会員 3社 30名 2tダンプトラック2台 清掃活動